読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やのごんBlog

やのごんの絵日記ブログ

星の鼓動は愛

ガンダム マンガ・アニメ 映画

月曜に、映画『機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛』を観て来ましたヨ。

公開も終わりが近いからか上映も1日1回夕方にしかやってませんでした。

チケットを係りの人に渡したら、「これから開場します」とか言うのでなんだろうと思ったら、客が僕以外いないじゃないですか!

貸しきり状態なのか!?

な、なんかすごく居心地が悪いっす。

このまま上映が始まるかと思ったら、上映直前に数人客が入ってきて最終的に僕を含めて8人になりました。

ま、それでもガラガラですな。

で、映画の感想ですが、1作目ラストのアッシマーとの壮絶なモビルスーツ戦のようなものを期待した僕にはちょいガックシでした。

前作の『機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち』同様、Zガンダムがなんかパッとしませんヨ!

ヤザン先生にゴスゴスにされてる印象しかないっす。

主役なのに!

けど、新作画の百式がカッコよかったから許す!

あと、人物描写はすごくよかったです。

レコアさんのコックピットでの独り言(怪我したあとの出撃とティターンズに寝返った後)のシーンとか。

僕的に一番壷にはまったのはハマーンのシャアに対する冷たい態度ですかな。

緩急つけた素っ気無いイヤな口調は最高です。(榊原良子グッジョブ!)

あんな二十歳の娘がいたら僕は一生ついていきますヨ!

ネオジオンの兵士どもの気持ちがよくわかりました。

テレビ版と違うラストシーンについてはあえて何も言いませんが、3作通してみた僕の意見はデスね、

カミーユなんてテレビ版同様頭おかしくなってもいいから、エマさんだけは助けてやれよ!

以上です!