読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やのごんBlog

やのごんの絵日記ブログ

怖いゲーム

ゲーム

以前友人にPS2『金八先生』の最後の話の怖さを説明していたら

ファミコン探偵倶楽部とどっちが怖い?』

といわれたことがありました。

なんか別の友人と怖いゲームの話をしていたときにも同じせりふを聞いたような…。

30代ゲーマーでゲームの怖さのベンチマーク『ファミコン探偵倶楽部』の人って多いようですな。

僕は子供のとき怖いものが苦手だったので『ファミコン探偵倶楽部』やってないんですな。(今は怖いもの大好きですけどね)

みんながこれほど怖いというんだから相当怖いに違いない! ヤラネバ!

というわけでGBA『ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』を購入してプレイ!

…で、最後までプレイしたんですが、ぜんぜん怖くなかったかも…。

30過ぎのおっさんはこれぐらいでは怖がれませんな。

やはり子供のときにやっておくべきだった…。

子供のときの僕だったら相当怖がっただろうなぁ。

ポートピア殺人事件の事件現場でもビビってたし。

ファミコンの稚拙なグラフィックがかえって不気味なんですよね。

ファミコンのゲームは今のゲームにはない味があっていいですな。

まったく先に進めなくなって、カポシッ!…ってな状態に陥るのも久しぶりだったし。

次は続編の『ファミコン探偵倶楽部PARTⅡ うしろに立つ少女』をプレイしますかな。

ちなみに僕が1番怖かったゲームはPS『ダークメサイア』だったりする。

戦時中に日本軍が造った地下迷宮で追ってくるモンスターからひたすら逃げ回るゲームっす。

しかも反撃する術なし。逃げるだけ。

おまけに登場する人物はみな心病んでるキ○ガイばかり。

かなりやばいっす。